横浜の『相続』はお任せください。

相続トータルサポート@横浜 <span>by 心グループ</span>

遺産分割協議

  • 電話相談へ
  • 選ばれる理由へ

スタッフ紹介へ

遺産分割の流れ

  • 文責:所長 弁護士 湯沢和紘
  • 最終更新日:2022年2月25日

1 遺産分割とは

遺産分割は、亡くなった方の財産を相続人全員でどのように分割するかを決定することです。

主に、凍結される金融機関の口座の解約や不動産の名義変更手続のために遺産分割協議書を作成して、各種手続を行うのが目的となります。

2 遺産分割の流れ

遺産分割は相続人全員で遺産の分割方法を決定すれば足りるので、これから記載する全ての段取りを踏む必要がないケースもありますが、分からなくなった場合には以下の記載を参考にしてください。

⑴ 相続人の確定

最初に戸籍を確認し、「相続人の確定」を行うことが必要です。

具体的には、親子相続であれば、亡くなった方の出生から死亡までの戸籍と、相続人が現在在籍している戸籍を取得することになります。

兄弟相続等の場合には、上記に加えて被相続人の親が亡くなっていることを示す戸籍等が必要です。

また、相続人となるべき人が被相続人よりも先に亡くなっており、その子らが相続する場合など(代襲相続)や、遺産分割協議の成立前に相続人が亡くなり、新たに相続が発生した場合など(数次相続)には、より取得する戸籍は増えます。

⑵ 遺産の範囲の確定と遺産の評価

次に、「遺産の範囲の確定」をします。

要するに分割すべき遺産の洗い出し作業です。

そして、「遺産の評価」について、合意をします。

不動産がある場合で、特定の相続人が不動産を取得し、他の相続人がお金で受け取る場合等には、不動産の評価額を合意する必要があるからです。

⑶ 分割方法を決定

最後に「分割方法を決定」します。

分割の方法や各相続人の取得割合は自由ですが、法定相続分の取得を主張する相続人がいる場合には、原則として法定相続分で分割されます。

ただし、特別受益や寄与分等、遺産の前渡しや遺産の増加への貢献が考慮されるケースがあります。

これらすべてが決定したら、遺産分割協議書に合意内容を落とし込んでいき、相続人全員が署名及び実印による捺印を行って完了となります。

3 遺産分割についてご相談ください

遺産分割について疑問が生じたり、争いになってしまったりした場合にはお気軽にご相談ください。

相続の事件を集中的に取り扱う弁護士が対応しますし、相談料は原則無料で対応いたしますので、安心してご相談いただけます。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ